ご挨拶


【防犯・防災・護身術は1つの時代に】


HPをご訪問いただきありがとうございます。
総合危機管理アドバイザー、総合危機管理評論家のおりえです。
私は43歳で硬式空手の日本女子チャンピオンになり
引退後危機管理のアドバイスを行っております。
まず、空手を退く時に自分で活かせる知識で護身術の指導を始めました。
しかし現役時代の経験からも基本的には男性には勝てないという実感がありました。技で補えない部分をお伝えするべく防犯の勉強をはじめて防犯設備士の資格を取得しました。そして犯罪について学ぶ中で、災害時や被災地での犯罪率の高さや被害者の多さに気が付きましたがその時にとても違和感を感じたのが【防犯の専門家】と【災害の専門家】はそれぞれには特化してるものの対策の共有がほとんどないことでした。


そこで現在は危機管理士自然災害の資格も取得し
防犯、防災の専門家として両方の目で見て、女性として、母としての目線からもその時々に必要なことを見極めてお伝えできたらと活動しております.





 

総合危機管理アドバイザー

総合危機管理評論家 おりえ

各種セミナー・講演会・メディア・執筆等


所属           

○日本防犯設備士協会 ○日本危機管理士機構 

○世界硬式空手道連盟    

 保有資格

 ○防犯設備士 ○ 自然災害2級危機管理士

 ○防火管理者 ○防災管理者

☆日経クロスウーマン公式アンバサダー

☆YAHOOクリエイターズ(専門マスター)


*護身術について

護身術は効果がない!勝てない!とのお声をいただくことがあります。

私もそう思います

実際に空手チャンピオンの時でさえ男性には勝てませんでした。女性は男性の65%程度しか筋肉がつきません。

それが突然不意に襲われたら勝てる確率ほぼありえません。

男性と練習を共にした経験上、力差、怖さはよく知っています。

だからといって護身術はしない方がいいのでしょうか?

死に物狂いで逃げてはいけないのでしょうか?

襲われたらあきらめなくてはいけないのでしょうか?

護身術を学ぶことは相手を打ち負かすのではなく

死に物狂いで逃げる方法、少しでも諦めない可能性を学ぶのです。

学ぶことにより日頃の防犯意識、危機管理意識も高まります。

【何が起こるかわからない時代】

日頃から自分の身を守るには防犯対策、知識が必要。

災害時は防災対策や生き抜く知識が必要。

そして被災後は劣悪な環境の中この両方が求められます。

数字の上では犯罪率は減ってはいますが目立つ凶悪犯罪や巧妙化する特殊詐欺。

首都直下型地震の確率は30年以内で70パーセント

南海トラフ地震は30年以内に80パーセント

今後世界レベルで水害も増加するといわれております。

大きな災害が起こった場合は避難所での収容数の限界、受け入れも困難といった課題もあります。

防犯、防災、そして実技では逃げるための護身術。

老若男女問わず自分の身は自分で守れるように様々なノウハウを活かしより多くの方の危機管理のお手伝いできたらと思っています。だからこそ私は逃げるための護身術をお勧めします

企業 防犯・護身術研修・セミナー


◇知識が大切◇

★パニック回避 ★基本防犯対策知識★特殊詐欺問題 ★セクハラ・パワハラ対策

★痴漢対策・冤罪知識★夜道対策 ★不審者対策 等   ご相談ください

防犯講演会・イベント

退屈な講演会では大切なことは覚えません 防犯知識・護身術も使えて分かりやすい講演会やイベントを行っています

*高齢者向けの防犯・特殊詐欺などの講演会では着席のままで行える護身や呼吸法も行います。

防犯・護身術教室 / 学校行事・自治会

学校でも

⚫︎子供(親子)防犯教室・護身術

大切な子供を24時間見守るわけには行けませんよね?いざの時に子供たちが自分で守る、逃げる力をつけるための防犯教室や講演会は、母であり専門家であるおりえにお任せください。

不審者の見分け方・つきまとい、 連れ去りからの逃げ方・力のない子供が指1本からできる簡単護身術・親子で練習できる簡単護身、親御さんが子供に性犯罪を伝える方法。


⚫︎女性護身術⚫︎簡単護身術

ストーカーや夜道対策、一人暮らしの不安

個人レッスンから、お友達や職場の方とのグループレッスンなど行いませんんか?


貴女のライフスタイルに合わせた守り方を伝えます。なぜなら難しい護身術は危ないから!

大切なのは逃げるための知識の護身です。一撃必殺は最終手段として教えますが、有効な叫び方、怖くても固まらずに逃げる方法、電車の痴漢被害対策・1人暮らしの不安・夜道歩き、つけられていると感じたときの対処、後ろからの抱きつきのかわし方などご相談ください。




~被害を回避するために~

堅苦しくない危機管理!

講演先やメディアからも大変好評いただいています


★3つのポイント

1受け入れやすく 大切な事でもつまらなくては頭に入りません!真面目に楽しく


2使える技だけ 護身術は54センチのおりえが180センチの男性で試した簡単な技がベースです


3真実で守る 積極的に防犯・防災の勉強会に参加して新しい取り組みや情報をベースに行います


女性だからできるお手伝いもあります

女性目線、母目線からも弱い立場の恐怖や経験を活かし

自分や大切なを守りたいという思いからお伝えしています


*男性の個人レッスンは受付ておりません

★ さすまた(刺叉)講習会も承っております 

さすまたは多くの学校や企業などに置いてありますが、簡単ながら使い方を知らないとかえって危険なことがあります

ぜひ一度、講習とそれに伴う周囲の対処法を覚えてください。 

*講習を受けなくても知っててほしい基本

 ~1本だけのさすまた使用時、真正面からの威嚇は奪われる可能性が高く危険です~

★最近の主な活動実績★

・コモンズアンドセンス59

インタビュー記事掲載 「コロナ後の世界」

・日経doors取材記事 「コロナへの10の備え

危機管理アドバイザーが伝授「」

・日本テレビ 世界まる見えTV特捜部出演「番組内護身術指導」

・シンガーソングライター「コレサワ」1周年記念LINEライブ中 護身術体験出演

・住友電子金属労働組合 防犯・護身術セミナー(防犯知識と女性の対策・簡単護身術)

・護身術体験会(あやまんJAPANが体験)フットサル台場フォトセッション

・長崎県佐世保市 大潟支部セミナー「今をどう生きるか」(特殊詐欺の見分け方・防犯知識)

・フジテレビ「モノシリーのとっておき」

・連合西多摩地区協議会 勉強会(セクハラ・パワハラ対策・女性も使える護身術)

・茨城県岩間市 笠間地域交流センターあたご 「ネバリオンと防犯・護身術教室」

・江戸っ子社長会講演 

・「男が痴漢になる理由」ホンマルラジオ 全8回 

・秋田さきがけ新聞掲載

・秋田県にかほ市 防犯護身術教室 小中学生

・スポーツ功労賞表彰式講演

・東京都江東区小学校PTA講演

・東京都大田区児童館 子育て防犯講座

・日本風俗女子サポート協会協会 防犯・護身術 研修

・サンクチュアリ出版 講演会「露出狂に小さいといってもいいのか」

・ファイテン キラキラセミナー 護身術エクササイズ

・Abema TV 「こちらみんカメ編集部」出演 電車痴漢対策 3月 / 夜道対策 4月 

・TBS BS 美容口コミTV

・NHK スポーツで綺麗に「美スポ」

・雑誌からだにいいこと 付録「女の護身術」監修

他 YAHOOニュース・アゴラ・スマートニュース等 多数掲載

記事一覧


-企業・学校・イベント・メディア 参考価格表

(男性の個人レッスンは受付していません)


お問い合わせ 

総合プロテクトアドバイス 

 orioriori.7171@gmail.com