防犯・護身術師おりえ (防犯設備士・危機管理評論家)

防犯・護身術師おりえ

防犯設備士・女性護身術師
 危機管理評論家
総合プロテクトアドバイス代表

保有資格 防犯設備士・防火管理者・防災管理者
(元硬式空手女子チャンピオン)

被害や時に加害者にならないための
知識と評論も合わせた防犯·護身術
はプロにお任せください

興味がないことは、覚えません
型にハマらない新しい防犯スタイル
その人に合った防犯·護身術の講演会、研修、防犯教室

ブログでは犯罪、防災などの時事評論や

役に立つ知識をお伝えしています。


女性護身術師に習う!
総合プロテクトアド

記事一覧(87)

いすみ市役所にてパトロール隊長へ講演会

防犯設備協会からの依頼で防犯講話は地域パトロールの隊長さんが40名いすみ市長御宿町町長いすみ市警察署長と地域を代表される来賓の方々がご挨拶されその後に講演させていただきました。あまり知られていない 『防犯パトロール』の考え方実は効果的な犯罪抑止のためには防犯パトロールは犯罪の機会を減らす環境にする という観点から人ではなく(不審者を見つけるのではなく)場所に注目して行う必要があります(犯罪がおきやすい場所を見つけ修正する)不審者はあくまでも見た人、通報した人の主観にゆだねられるので、不審者がいた、怪しい人がいたなどの場所だからと注目しても犯罪抑止には繋がりにくいのです犯罪は(誰もが)入りやすく(入ったら)見えにくい 場所でおこりやすいのです例えば四方から入れる緑の多い公園や公衆トイレなどは入りやすく 草むらなどで見えにくいですよね?では都会の繁華街は入りやすいけど人がいて見えやすいから大丈夫か?いえいえ人が多すぎる場所は他人への関心が弱まり、人混みで子供が騙され連れさられても目撃者がいない場合がありますそのような場所も入りやすく 見えにくい場所と考えますそういった1つ1つのパターンを例にあげ、いすみ市内の写真なども使いながら防犯力の目を養い方や子供達達へのアドバイスの仕方、防犯パトロールの際に持参して欲しいものなど色々お話させていただきました!  地域の防犯パトロールやり方がわからない、効果的に行いたいなどありましたらご相談下さいちなみにパトロールをする人が高圧的,偉そうな態度である場合、犯罪抑止にならないとの検証結果があるそうです。温和な態度で行いたいと思いますみなさんもパトロールの際には参考にされてみてください防犯·護身術セミナーでは声の出し方 逃げるための立ち方 パニック回避のための心理犯罪を回避するための防犯知識など実際に出来ること役立つ事を座学と実技で行ないますプロが教える防犯知識と技の 防犯セミナー防犯研修防犯講演会 口コミだけで企業様からも次々お声掛けいただいています

防犯設備士試験会場に事務局と試験監督として参加しました

年に数回ある防犯設備士試験今回は事務局のお手伝いとして参加させていただきました前回、もし合格してなければ今回も受験生として受講していたはずですが無事合格して千葉県防犯設備士協会に入会させていただいたご縁での事務局試験前は毎日数時間勉強して講習会の早朝や帰りの電車でも大きなテキストを広げ立ち読みテスト前の昼休みも近所の公園で勉強して必死必死で合格しただけに「皆さん頑張ってー」という思いも強く 受付や試験官に入らせていただきとても感慨深かったです防犯設備士の試験については「簡単だった」という方と「難しかった」に意見が分かれますが、、、噂によると合格率は7割ぐらいとか(すいません事実確認してません)設備機器について無知だった私はめちゃくちゃ勉強したつもりでも超難しかったです簡単っていう人凄いなあと頭の作りの違いを感じますちなみに防犯設備士の試験は防犯関係の警備職などより実際の工事系技術職の方のほうが電流から防犯カメラの設置図面、記号、部品、など技術問題が簡単に感じるようですねと、自分が受験した時の会場で近くに座った同じ会社らしき技術職と事務職の方々の会話から想定できましたさてさて2日間に及ぶ講習会とテスト今回は裏方で講習内容は長くは聞けませんでしたがこれから防犯設備士の試験を受けようかと考えている方のために参考にしていただければと思うことを書いています★テキストの最初の数ページは防犯に携わるにあたり1番覚えるべきことが書いてあるのでは?★問題はテキストのままではなく言葉の前後や入れ替えたりひねってる気が、、、講習中〇もちろんパワポで説明の赤線は見逃さない(そしてその前後の文章からのアレンジも想定する)〇講師の先生が昼休み少し残って下さっている場合、分からない箇所や聞き取れなかった所は絶対質問する〇講習中におこるアクションは見逃さない、、、例えば講師が何か急に大きな声で例え話や演技?などして説明した場合、通常ならわざわざそんな事をしたり声が高くなったりしませんよね?、、、例えば「実物を見てほしい!」と何か設備士が仕事で使用する物を会場で回したりしたら普通試験まで1時間近くしかない時に無駄に物を回したりしないはずでは?今から試験の皆さんは『そんな事より試験にでそうな場所教えてください!』と言わんばかりに2.3秒ぐらいチラ見して次の人に回す雰囲気になりかねませんが試験前にわざわざ見てほしいものと、考えてみるのもよいのでは?と、一応資格を持っている私から試験に対する考え方を参考までにでした!そして試験前に防犯設備士の資格を取得した場合として「防犯設備士協会」の入会のすすめがあったと思うのですが私は個人的に入会して本当によかったと感じています防犯関係の知り合いが増えるセキュリティ診断士の資格がもらえる(防犯設備士協会に入らないと貰えないはずです)防犯設備士協会主催の警察の講演会など無料で最新の犯罪情勢や防犯情報、取組みなどが受講でき(任意)とても勉強になる防犯の勉強をしていると専門分野のコアな知識はそれに特化してこそ得るものですが「防犯」と統合して考えたコアな知識だけでは偏りやすく、横の繋がりや技術、知識の集まりは本当に大切だと思います別に防犯設備士協会の回し者でもなんでもありません笑入会を奨めて欲しいともまったく言われていませんが、プロフェッショナルの中で勉強させていただくという意味でもかならずプラスになるのでは?と思っていますさて、私もまだまだまだまだ勉強不足ひよっこです でも間違えた事はお伝えできません!今日もこれから資料とにらめっこしてどう伝えたらわかりやすいか考えながら次の講演会の資料を作りたいと思います防犯設備士、今回の試験も多くの方が合格していますように

PTAの防犯・護身術セミナーでのアンケートとお礼状をいただきました 受講者の生の声

 学校(PTA主催)の防犯·護身術セミナー 家庭教育セミナー「不審者対策と護身術」 公民館を通して小学校のPTA様より丁寧なお礼状と 独自で行ってくださったアンケート結果の集計が届きました本当にありがとうございます  受講して下さった方の生の声を伝えたいので修正なしで書き写させていただきます 回答内容から、防犯・護身術がどのような講演会かわかりやすいと思いますので参考にされてみてください   千葉県 小学校 参加者親子65名   子供(小1~小6) 参加34名 有効回答30名 ○今日のお話はどうでしたか?【わかりやすかった】22名【まあまあわかった】7名【難しかった 】1名 *難しかった生徒さん1名ごめんなさいね。(>_<)   保護者 32名 有効回答31名 ①不審者対策と護身術についての学習内容はいかがでしたか? 【とてもよかった】28名【よかった 】3名【 まあまあ 】0名【つまらない 】0名 ②子どもが保護者と学ぶ場を設定させていただきましたがこの形式の学習方法はいかがでしたか? 【とてもよかった】29名【よかった 】2名【 まあまあ 】0名【つまらない 】0名  ③この内容は親子での話し合いに役立ちそうですか? 【はい】31名【いいえ 】0名【どちらでもない 】0名 全員が親子の話し合いに役立つとお答えくださいましたセミナー開催により家族の話し合いができると防犯意識を高めてさらに継続した防犯対策が望めますので本当にうれしいですね 学校のみならず、企業や自治体もですが私の防犯・護身術講演会やセミナーは基本的には前半は防犯知識の座学後半は年代に合わせた逃げるための護身術実技を行います 今回の小学校では全学年対象でしたので不審者の距離、逃げるかまえ、声の出し方、つかまれた時の対策、逃げる方角などのほかに実際に防犯ブザーを鳴らす、叫んで逃げる、ランドセルを投げ捨て逃げるなどいくつかのパターンを行いました   *PTA独自で行ってくださったアンケートを編集なしで写させていただいてます【子供達】 〇お話を聞いて思ったことを何でも書いてみてください ・感動しました・不審者にあってもいいようにちゃんと準備しておくことが大事・護身術が使えると楽しい・楽しか対策し、色々な事が教わることができてうれしかった・ほかに対策があるか知りたくなった・難しかった・もし不審者が来た時に下にしゃがんだり手を上にあげたりすれば逃げられるとわかりました・教わったことを使いたい・不審者がどこにいてどうゆうことをするんだということがわかった。これからは登下校など気をつけなければいけないと思いました。・セミナーを受ける前に電車の中で不審な人にしつこく声をかけられたことがあり、怖かったのでもっと早くにこういうセミナーを受ければよかったと思いました。・20メートル先から狙うなんてびっくりしました  【保護者】 〇今日の講習で印象が深かった点をお書きください ・日ごろの心構えが大切だと感じた・実際の逃げ方がよく分かった・地域の犯罪をまとめて知ることができた・空き巣の犯人が20秒で侵入することがわかった・犯罪者がプロであることが分かった・不審者の心理を知ることができ・玄関に防犯ブザーをつけることも対策・不信者から狙われる距離(20メートル)を実感できた 〇今後のセミナーのご要望 ・護身術のほかの方法も知りたい・保育園や中学校でもやってほしい・土日開催はありがたい・学校が会場だと参加しやすい・親子で学べたので良かったです・また同じ講演を聞きたい   また同じ講演を聞きたいというお声があり本当にありがたいです 親子の防犯教室では保護者側からの必要な目線と日頃の心配事1年生から6年生と成長に幅のある子供たちが防犯をどう受け取り学べるか親と子供の目線から実用的であるために、ある意味一番課題も多いパターンではあると思います だからこそご意見をうかがうことができ、さらに満足して防犯意識を高めていただけるよう努力したいと改めて感じました 私自身が受講して下さる方々にも学ばせていただきながら最新の犯罪情勢と防犯対策に取り組み、少しでもお役に立てるように今後も防犯活動を行っていきたいと思います 貴重なご意見本当にありがとうございました  防犯設備士危機管理評論家防犯・護身術師 おりえ   プロが教える防犯知識と技の 防犯セミナー防犯研修防犯講演会 口コミだけで企業様からも次々お声掛けいただいています。    

刃物に刺されない布がすごい!危機管理産業展 TASKMATEの生地

防犯セミナーや講演会でよく質問されるのが『刃物に対しての護身術』基本一般人は無理逃げてくださいとお伝えしています(なぜ?と対策法はアメブロで書いています)そんなわけで刃物対策危機管理産業展でとくにこれから期待出来そうだったのがこちらのブースTASKMATEさん防刃傘刃物に対する盾になる傘を 開発中傘というより傘に貼ろうと考えている布がすごいです重さなどなどまだ課題があるそうだけどこちらの布や糸は通常の耐切創能力の2倍2倍チョキちなみにネックウォーマー的なものは既に開発されております快く動画撮らせてくださいました*動画はアメブロをご覧下さいありがとうございました!こちらの布実験を行った際には刃物で突きさしても破れなかったそうこれ、意味わかります?通り魔なんかに襲われたときにこの布の服を着ているとそりゃ刃物で刺されたら食い込みはするから怪我はするだろうけど刃物が服を破らない皮膚や体内を切り裂けない=致命傷を負う可能性がかなり低いんです防刃傘については女性は日傘率が高いので折りたたみ式の 日傘もとお願いしてきましたこれからの防犯グッズの進化に期待ですTASKMATEさんの来年のブースが楽しみです。まだまだ気になる防犯、防災グッズがあったので徐々に紹介していきますね。防犯グッズ開発の企業様講演会や防犯セミナーでは実際お困りや不安の生の声を伺っております。  何かお役に立てることもあるかも知れませんのでコラボや提携もお声掛け下さい。危機管理評論家防犯設備士  防犯·護身術師おりえ 防犯·護身術セミナーでは声の出し方 逃げるための立ち方 パニック回避のための心理犯罪を回避するための防犯知識など実際に出来ること役立つ事を座学と実技で行ないますプロが教える防犯知識と技の 防犯セミナー防犯研修防犯講演会 口コミだけで企業様からも次々お声掛けいただいています。  詳しくはHP →こちら☆をご覧下さい

大阪中二男子殺人未遂と刃物の護身術

中学生、新聞配達員殺人未遂大阪吹田市で新聞配達の女性が18日未明に中学2年生の男子生に果物ナイフで刺される事件がありました。 果物ナイフで右胸や太ももなど5ヶ所刺されたようです。   中学生の動機は『イライラしてストレスが溜まっていた』 とはいえ、防犯カメラの映像では数日前の未明にも目撃されているといった情報もあり計画性も疑えますね。これから少年の心の闇が今後の取材や報道の中で見えてくるかもしれません。中学生男子を持つ母としての角度からも今後注目していきたい事件です。 近年、犯罪件数は数万件レベルで減少している反面、刃物などを使った事件が目立つように感じます。 武道経験者の偏見かも知れませんが、暴力をふるわれたら痛い、ふるった方でさえ手や足は痛い、そしてけがをしたら回復までの時間もかかる、そんな痛みを実体験として知らない事やバーチャルか増え、リアルな怪我や痛みを想像できないことがナイフを簡単に扱ってしまう原因ではとも考えてしまいます。 刃物に対する護身術はあるか私の防犯セミナーなどで必ずといっていいほど聞かれるのが 刃物へ対応する護身術はどうすればいいですか? *日ごろブログを読んでくださる方は刃物の事件や刃物対策については毎回似たような内容になりますが、一人でも多くの方に対処法をお伝えするためにご了承ください。 刃物対策の護身術答えはあるにはあります。 ただ私は刃物対策を行っていません刃物を持った人がいたら死に物狂いで逃げてくださいとお伝えしています 刃物の相手をうまく制圧するのに動ける時間は0.4秒と言われています=基本的に一般人のにわか技術では対応できないと考えてください 襲ってきた相手の手の外側から内側に払い込み数回さばく(避ける)ことや逃げる道を作る事はできるかもしれません(これもある程度の知識と練習が必要です) でも相手が刃物を持っている限り取り押さえるか振り切って逃げきるしか方法はありません ◇なぜ刃物に対応できないのか刃物をつかんだ手を取り押さえるためにつかむと相手も反射的に力が入りますだからこそ動体視力が追い付かない0.4秒での制圧が必要なのです。相手はそもそも興奮状態です。それ以上だともみ合いになり刺される確率がさらに高くなると思います。 確実に刺されないためには瞬間で刃物を手から奪い取るまたは振り落とし、刃物を遠ざけるしかないのです あなたは一人でできそうですか? なんなら丸めた新聞紙で本気モードで家族と制圧までを練習してみてください新聞紙はあなたの体に1度も触れませんでしたか?  私は練習してみましたがそう簡単には習得できず、ましてやそのあとに取り押さえるのは女性一人の力では難しいので諦めました。護身術の技は無敵ではありません、力差に限界があるのです。 だからこそ皆さんに1.2回お会いした講演会やセミナーのレッスンで習得していただける内容ではないと確信しております。 特に女性は男性の65パーセントの筋量しかありません。(筋量は力差に近いです) 中途半端な知識で刃物には対応できません。 よく考えてください。もし、複数人でいた場合はまだしも 1人で刃物を持って殺すつもりで襲っきた興奮状態の相手を警察が来るまで取り押さえておけますか?とにかく命がけで逃げてください ◇犯罪者が狙うのは自分より弱い人です無差別、誰でもよかったといいながら、犯人は無意識にも狙いやすい人力の弱い子供、女性、高齢者自分が勝てそうな人孤立している人を狙っています 今回の場合も誰でもよかったという割には40代の女性をが襲われましたよね?新聞配達員なら男性の方が多い気がしますのであえて女性を襲ったと考えた方が妥当です。  ◇刃物の護身術を学びたい場合私の護身術は被害者にならないため回避も含めた逃げる護身術です。一般の方がその場でできないことは教えていません。 (どうしても動けない時に緊急防御の構えは写真解説で近いうちにアップします) それでもドラマや映画のような取り押さえ方を覚えたい方、本気で刃物対策に特化して心配な方は 対刃物を教えている護身術教室がありますので真剣に何度も通い、しっかりと技術を習得して下さい。また抑え込みを覚えたい方は柔術をしっかり習得することをお勧めします。 中途半端な知識と技では臨機応変には対応できません。     刃物から身を守る対処法ではただやられっぱなしで仕方ない?というお話ではありません。刃物に対して逃げるための知識をお伝えしたいと思います。 ○死にものぐるいで逃げる、大声で助けを求める○身近にある道具(傘、バック、消火器、棒)はなんでも使う○反撃は相手の下半身が狙いやすい 刃物を持っている相手は上半身に意識が集中して下半身の意識が散漫になりがちだと覚えてください 100均でもできる防犯対策(刃物対策)では刃物で襲われた時におすすめの防犯グッズはあるのでしょうか? 現在は性能にすぐれた○鉄板入の防犯リュックなどもあるようです。 ただ、この質問は小さな子供がいるお母さんや夜遅いOLさんに多いように感じますので女性でも気軽に持ち歩きやすい、子連れでも持ち歩きやすいものとしては 私がおすすめしているのはお守り代わりに○100円ショップの薄手のまな板○カッティングボードこれであればA4のノートサイズほどで薄手のものがありますよね写真のまな板はイメージです これならバッグに入り持ち歩けるものがあるかと思います。 手にもってぺらペら折曲がる柔らかさでなければ刃物も簡単に通しませんし動けない時、子供を守りたいときにバッグに入れておき、盾にすれば刺されてほしくない場所や防御の助けになると思います。 犯罪者は気づかれるのが嫌い 通り魔のような刃物事件は治安の良い悪いに関係するわけでもなく正直どこで被害に巻き込まれるかわかりません あまり知られていませんが、不審者が相手を狙う時気づかれるのをとても嫌がります。 ハンターと同じ狙った獲物に気が付かれると狙いづらくなるからです。中には気が付かれただけでやる気をなくす、あきらめる場合もあるようです。 おかしいと思った時、後をつけられている気がした時は必ず振り向いたり警戒していることを相手に気づかせてください。◇自分の身は自分しか守れない日々の生活の中で自分の身を守れるのは最後は自分だけです。護身術は技ではありません、身を守る知識や回避方法すべてが身を護る術(すべ)です。襲う方、襲われる方に力差や武器(刃物等)の違いがあるのは理不尽ながら事実、最終手段として使える技はほんの少しです。 その犯罪者の特性を知り、防犯の知識、日頃の注意力、警戒心などで自分が被害者にならないために見えないバリアを作っておく必要性があるのです。 *どうしても動けない時に緊急防御の構えを写真解説で近いうちにアップしますので気になる方は読者登録をお願いします